リフレクソロジー  OVERLAP

REFLEXOLOGYサロン "OVERLAP" の ブログでーす。 不定期更新! STAFFが更新してます。 ときどき、よってみてください!

いつもありがとうございます

今日からまた新しい生徒さんとのマンツーマンのレッスンが始まりました。
若石リフレクソロジーと出会うことになった話をするうちに、10年前初めて施術を受けた日のことを思い出しました。

ありえないほどの激痛で涙が出た日のことです。
絶対に手じゃない、するどい刃物で足裏が切られていくような痛み…
あの時には2度と戻りたくないです。

揉み始めた頃の「あの痛み」が恋しいとおっしゃるお客様もいらっしゃいますが、とても信じられないです 笑

「あの痛み」を毎日のセルフケアで乗り越えたおかげで、便秘も生理痛も冷えもだいぶ改善されました。今では朝が起きられなくてつらい思いをすることもないし、夜足が冷えて眠れないこともないです。

だからこそ、
わざと痛くして喜んでるでしょ? なんて言われてもおかまいなしです。その先に待ってるものがわかるので何と言われようが構いません。

若石リフレクソロジーと出会えて本当に良かったですし、もっともっとこの良さをお伝え出来ればいいなと思います。


いつもありがとうございます

日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと
(2014/07/18)
本田晃一

商品詳細を見る



ビジネス本のコーナーにあり、迷いながら購入しましたが、これおもしろかったです‼︎
「竹田和平さんから教わった」と書いてあったので興味を持ちました。

ビジネスというより生き方、考え方です。
まだ一回しか読んでないので消化してませんが、マネする〜!私もそんなふうに生きたい!と強く思いました。

相手の幸せは自分の幸せ、ってどうやったら本気で思えますかという話です。
思えることもあるけれど思えないこともあるんです。人にもよるよね、て言い訳したくなります。自分は小さいとか思うのもイヤです。

お金が無尽蔵にあって家庭も円満なハッピーな人のマネをまずしてみる、ていう単純さと素直さが自分にはまだあって良かったと思います、これは親のおかげかもしれません。

余談ですけど、この本は積んである上から3冊目を選んで購入(だって誰かの手がついたものを買いたくなかったもんで…)、でもそういうセコイことしたせいなのか

帰ってからページを開くと、1ページ目から変に折れてシワになってました。あんまりセコイことはするもんじゃないな、と思いましたよ。
いつもありがとうございます

前も書いたかもしれませんが私の好きな映画シリーズに「エクスペンダブルズ」という筋肉×アクションの作品があります。

そのエクスペンダブルズ3の最初の方のシーンに
ムキムキのいかつい男が、助けてくれた仲間にお礼を言う場面があり

スタローンから、もっと心を込めて言えと注意されてからの 'Thank you' が素晴らしいんです!それだけで充分伝わります。
あのシーンがあるから、また観たいんです。

ありがとう、って良い言葉なのでたくさん使おう!という雰囲気が漂っていて
それは大事なことだと私も大賛成ですが

こんな時はお礼を言わなくちゃ!と脳が判断してただ反射的に出る場合もあるし
申し訳ないなぁ〜感がたっぷりの場合もあるし
一応言っておこう、みたいな場合もあるし

日々のありがとうにどれくらい心が込もっているか意識してみると、そうでもないことがわかってしまいました。

それからは、ひと呼吸おいて心を込めて'ありがとう'を言うようになりましたが、不思議と相手の'ありがとう'に心が込もっているかどうかがわかるようにもなります。良いとか悪いとかの話ではないですよ。

ただ、やっぱり感じ方が違います。
受け取った時に何倍も嬉しくなります。
どうせなら周りをハッピーにするありがとうを言いたいです。
いつもありがとうございます

「深夜食堂」というドラマが好きで、今映画もやっているので観てきました。
小林薫さんはもちろんステキでしたが、田中裕子さんが半端なく良かったです。女優さんて、こういう人のことを言うんだね!と思いました。

レイトショーでしたが、映画が終わりエンドロールが流れても誰一人帰らず動かず、照明がついてからやっとソロソロ動き始めるなんて。これほど余韻のある映画も珍しいです。
いつもならすぐ席を立つ私も、なんとなくまだその世界の住人でいたくて帰れませんでした。

それから数日経って、「舟を編む」という映画を家で観たのですが

主演ではないですが、それにも小林薫&オダギリジョーが出ていて嬉しかったです。地味な男の地味な話でしたが、情熱を持って何かを成し遂げる人が大好きな私には共感出来ました。
どちらもオススメです。
いつもありがとうございます

あれは満月の夜、待ち合わせの時間まで2時間以上あったのでカラオケで時間をつぶそうとしたのですが、満室の為2件ほど断られ、駅から少し歩いたところの3件目でようやく入れました。

ところが、その部屋に入るとラップ音がします。

隣の部屋には誰もいないのですが、壁からバンッという大きな音が何度も鳴り、ちょっとここは居心地が悪いなぁと思いながら時間を過ごすことになりました。

どうやっても目に入る鏡が恐怖心を強くします。
景気づけに秋田民謡のドンパン節を何回も歌いましたが、なんとも言えない気持ち悪さにはかないませんでした。

少量の塩は持ち歩くべし。
いつもありがとうございます

ついに、ずっとやりたかったあの「シロクマ鍋」に挑戦してみました。
クックパッドを参考にトライしたのですが、思いの外むずかしく素朴すぎて笑えました。
大根おろしもかなりの量が必要で、こぐまサイズしか出来ませんでした。。
201502122051533f2.jpg

おいしくいただいて〜
だんだんクマさんがグッタリ、空を見上げ出します
2015021220575631c.jpg

冬の鍋はカラダが本当に温まります。
ポン酢もちょっと濃厚なもので。これ美味しいです。

馬路村 ぽん酢しょうゆ ゆずの村 500ml×1箱(6本入)馬路村 ぽん酢しょうゆ ゆずの村 500ml×1箱(6本入)
()
馬路村

商品詳細を見る



いつもありがとうございます

先日の仙台フィルをきっかけに、中学の吹奏楽部の時にそもそも私は、トランペットがやりたかったのに、いとも簡単に落とされ他の楽器にまわされてしまったことを思い出しました。

あの時の気持ちを成就させたい‼︎と、朝からトランペット教室を探し始めましたが
なかなか希望の日時と場所と月謝の折り合いがつきません。楽器も持ってないので、とりあえず保留になりました。

その日は夜に新年会があり、「炉ばた」という前から噂を聞いていたお店に連れて行ってもらいました。言葉には表せない味のあるお店で、お母さんお父さんがステキです。むきそばという蕎麦の実が美味しかったです。

新年会の3人は、このメンバーで集まるのは初めてですが、音楽の話で盛り上がり、勢いでギターサークルを作りました。日時は私の希望通りに、1時間500円の手頃な場所もあっという間に決まりました。
ですが、ギターサークルだからと言ってギターしかやらないのは頭が固すぎ、狭すぎる!という意見が出て、好きな楽器を誰にも教えられないままそれぞれやってみよう!となりました。

この辺が、遊ぶことに関して天才的なB型気質なのかと、A型の私には出ない発想で感心しました。
チェンバロやリュート、チェロをやりたいとはしゃいでいるB型のお二人に、私はトランペットをやることを宣言しましたが、楽器がないことを話すと「買えばいい」と一笑されました。それか、誰か持ってるでしょと…

Oh〜‼︎B型〜‼︎
でも楽器の調達はなんとかなりそうに思えてきます。

今回のことで思ったことは、1人じゃなかなか進まないことも誰かと組むと簡単に出来るんだなということで
それはまるで鈍行と新幹線くらいの違いです。
それに有言実行の人と一緒にいるのは楽しいです。
いつもありがとうございます

先日、お客様から仙台フィルハーモニーのコンサートに行ってきたという話を聞き、なんとなくHPを覗いてみると翌日ちょうど演奏会があることがわかったので初めて行ってきました。

まるで俳優さんのような非常に非常にハンサムな34歳ブルガリア出身の指揮者の方で、演奏が始まる前からとてもテンション上がりました。
普段クラシックは聴きませんので、曲もさっぱりわかりませんが、どんどん引き込まれていきました。

演奏を聴く中で調和という文字が浮かび上がり
色んな人がいて色んな楽器があって、それぞれに重要な役割を果たしていることの素晴らしさを感じました
地球上の人すべてが彼らのように調和を目指せば、感動がうまれ素晴らしい世界になるだろうにと思います
いつもありがとうございます

今年決めたテーマの1つがチャレンジすることでした

好きなこと・やりたいことにチャレンジすること
苦手なこと・やりたくないことにチャレンジすること

この2つありますが、後者の方に勇気を出してチャレンジしました!
私は本当は人見知りで、知らない人が大勢くるような飲み会には参加しないのですが
自分を打ち破るべく、ほぼ全員初対面(私以外は仲良しグループ)の新年会に切り込んだのです。

背中を押してくれたのは、ヤフーニュースで読んだパクチー好きの人の記事でした。
パクチーが嫌いな人はいない、と断言していて、嫌いなんじゃなくて慣れてないだけなんだという主張に「そうかもしれない」と思ったのです。
実際私はパクチーが苦手で、慣れるまで食べたことありません。
ですから苦手なこともただ慣れてないだけかもしれない、と行動してみることにしたのです。

恐る恐る会場に行ってみると、予想以上に大人数で最初は緊張してフワフワ落ちつかなかったのですが、何とかなりました!あまりお話出来なかったのですが思ったより楽しくてまた会いたい方々でした。

いつもの仲良しグループと一緒に過ごすのも気楽で楽しいですけど、仕事のからみもなく年齢も職業も住んでるところも全くわからない人たちとの交流も新鮮で良かったです。
今まで自分が閉鎖的だったことにも気付けました。もっと慣れたいです。