リフレクソロジー  OVERLAP

REFLEXOLOGYサロン "OVERLAP" の ブログでーす。 不定期更新! STAFFが更新してます。 ときどき、よってみてください!

足もみボランテイアスタッフ募集してます

11月27日(土) 16時~17時
旭丘の仙台市青年文化センター

訪問看護に携わる方々の交流会にて
お一人さま15分程度 足もみをします。

マッサージに対して関心の高い方が多いと聞いていますので
いい機会だと思います。
初級プロの方、マスターの方どうぞ参加してください。
よろしくお願いします。
ぬのぞうり

この手作り布ぞうり、1足完成まで3日間かかるそうです。
見た目以上に手間暇がかかるんですね。。
履き心地も良く、鼻緒が首や目の反射区をいい感じで刺激してくれます。
腰痛の方にもおすすめの布ぞうり、1足いかがですか?
履いているだけで床のお掃除ができるんですよー

実はこれ、母の手作りです

楽健の勉強会を10月に企画しています。
日時、場所等まだ未定ですが
人数10名以内で、参加費お一人さま5000円くらいです。
興味ある方、ご連絡お待ちしています。
この間
施術をしたあと、具合が悪くなったりしないですか?という
質問を受けたが、最近はほとんど気にならず
何かをもらうということはないと思う。

相手に悪い気を与えたりもらったりしないように
若石では足もみと一緒に気功も習うのだが
全然やらなくなっていたところだったので
再び初めてみた。


朝イチの気功と
1人施術が終わるたびに気功をすると
自分が整い、充実した施術ができる。
今日も脚もみができて幸せだな、と心に喜びを
感じることも良い気になるのだろうけれど。

最近やってない方、やってみてくださ~い!

読みたい本を探しにブックオフへ行く。

しばらくウロウロしたが見つけることができなかったので
あきらめて帰ろうかと思った時 サネヤロウマンの文字が目に入る。

サネヤロウマンの何かしら1冊は読んでみたいと思っていたので
ちょうどよかった、と買って帰った。普通に買えば3000円近いのに
半額で手に入るなんてうれしい。

夕飯もそこそこにすぐに読みふけったのだが
これがウニヒピリ以来の衝撃の1冊となった。         
ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」
(2010/04/21)
イハレアカラ・ヒューレンKR女史

商品詳細を見る


「あなたの知らない世界」という感じで、これはちょっと信じられない!
けれどワクワクしてゾクゾクして本当だったらすごいな、とおもう。
自分をガイドしてくれる天使や神様や何かとつながるチャネリングの方法が
書いてある。次元が違う。占いとも違う。宗教でもない。

踏み込むのがこわかったけれどそれ以上に好奇心の方が強く
どんどん先へ読み進んだ。

これはおもしろい本と出合ったとおもって友達にメールをすると
それは持ってないけど他のサネヤロウマンなら持ってるよ~と
教えてくれた。
けっこう有名!?

オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法
(2005/08)
サネヤ ロウマンデュエン パッカー

商品詳細を見る
ゆうべ寝るときに
本当にこの世には天使とか女神さまとか神様がいるんだろうか…
とふと考えた。
いつも話だけ、はっきり見たことがない。

宇宙とつながることができる人もいるし、エンジェルリーデイング
とかセッションとかよく聞くけれど。

結局自分の目では確かめられないからお金を払って何かしらのメッセージを
誰かから受け取ったりすることになるんだけれど、それってどうなのだろう。
本当は自分のそばにもいるの?と感覚を研ぎ澄ましても気配はない。

「誰でもつながることができます」と言っている人もいるのに
なぜ自分にはできないのか?できないという思い込み?だとすれば
ポノポノでクリーニングしよう。
あと、宝くじが当たらないという思い込みもクリーニング。

とごちゃごちゃ考えていたら
頭にスッと「ラクシュミ」と浮かんだ。
ラクシュミ…確か女神さま?と起きて携帯で検索すると

インドのヒンドゥー教の最高神の1人ヴィシュヌの妻とあり
美と富と幸運を司る神様とある。仏教だと吉祥天。
蓮の花の中に立っている素敵な女神。

もしラクシュミがそばにいてくれるのなら
私の体を使っていいからたくさんの人を豊かに幸せにしてください、と
お願いして眠る。竹田和平さんのように…

朝になって
ラクシュミのラの字も思い出せなくなっていた。
携帯に打っておいてよかった。。
9月8日が新月だったので

例のごとくお願い事リストを作った。
前回のリストとほぼ同じ内容なのだけど

~になりますように、という書き方から
~になりました、という完了形で書けたので
なんとなく、もうすでにこの手の中にあるような感覚になる。
えへへ、うれしいな。という気持ちが大事なのだろう。

最初から完了形で書くとどうしても

まだ兆しもないんだけど…とか
叶ってない現実が悲しくなってしまい、あまりいい気持ちがしない。

あとは書いたことを忘れて今日を楽しむ!

霊感の強い母の右肩にパンダの赤ちゃんがついた、らしい。

話を聞いた時はとてもシンジラレナクテ
受け入れがたくて
冗談であってほしかったけれど

よくよく聞いてみると
最初、右肩あたりから
ピーツ ピーツ と何かの鳴き声が聞こえてきて
1日中泣いている時もあれば、日中だけ、夜だけの時もあるという。

何なんだろう、と思っていたらある時ちょうどテレビにパンダの赤ちゃん
が出ていて、その鳴き声と同じだったそうだ。

耳鳴りでしょ?(そうであってほしかった)と言っても
パンダの赤ちゃん説を譲らない。

そしてパンダの赤ちゃんが泣くときにパチンコに行くと決まって
負けるそうだ。

それから少しして電話でパンダの赤ちゃんの様子を聞くと

実はパンダから馬になった、という。
それも生前祖父が飼っていた馬で、さくらという名前なのだが…
さくらの首につけていたチリンチリンの音に間違いない、という。

それから今度はクウ~ンと泣く動物に変わったらしい。
ずっと耳元でクウ~ンと泣いているようで
犬なのかな?という結論だがはっきりしない。
いったい何を訴えたいのか?と母も困惑気味。

私はまだ信じられないけれど…