リフレクソロジー  OVERLAP

REFLEXOLOGYサロン "OVERLAP" の ブログでーす。 不定期更新! STAFFが更新してます。 ときどき、よってみてください!

楽しみにしていたガイアシンフォニー3番 
おもしろかった。
生きること死ぬこと
魂のこと
目に見えること見えないこと
選択をするということ

たくさん考えることがあった

星野道夫さんの 

「人生とはからくりに満ちている」
という言葉が印象的だった。

人生とは…人間とは…という言い方をする人のことは
あまり信用してはいけない、と友達は言っていたけれど
このフレーズは特に心に響いた。

からくりを知ってしまえばきっとつまらない。
でも知らないがゆえに苦悩することもある。
それも全部こみでこの先楽しめたらいいなーと思う。

ずっと食べたかったお寿司をランチに食べて
それから海を見に行く。というより身体の中の静電気を抜きに行く。
体内

からだの中にたまった静電気を抜くことで
認知症・ガン・むくみ・糖尿病・アトピー・頭痛等
いろんな病気の予防・改善が出てくるという。
この本は、現代医学の盲点というべき体内静電気について
書かれていて、その静電気を抜く方法は波打ち際を素足で歩くこと。
もしくは毎日地面に手か足を5分以上触れさせること。

赤血球と血管や赤血球同士の摩擦により生じた静電気は放っておくと
先日の落雷のようなものが体の中で起きてしまうのだという。

海水でしめった砂浜を素足でしばらく遊んでいたのだが
とっても気持ちがよかった。そして軽くビールを飲むしあわせ。

夜になって
しばらくぶりに体のマッサージを受けに行く。
私もたまには揉んでもらいたい。
からだがほぐれていくのを感じながら、すごく癒された。
人の手というのは素晴らしい。

1日も休むことなく働いてくれている自分の体に感謝。



PC復旧いたしました!メール受け取れます!
昨日からNTTの修理に電話し続けていたものの
まったくつながらなかったのでしばらく無理かと思っていましたが
案外早くて助かりました。

*********************************************************
昨日の豪雨と雷の時 実は用事があってモールにいたのだが
モールも停電。ちょうど1歩外に出ると同時に小粒の雨。
とおもいきやあっというまの土砂降り。
戻って入口のベンチに座って外をみていると
激しさを増す雨、雨、雨、そしてカミナリ。

用事が済んだ後だったので
今帰るべきか少し雨宿りをすべきか迷っていると
ウニヒピリがあと30分でやむ、というので
半信半疑ながら待つことにした。
25分経っても全力で降り続ける雨。
やむ気配ないじゃん、と思っていたら徐々に弱くなる雨。
陽も差してきた。
ちょうど30分経ったので外に出て、一つも濡れることなく
サロンに戻れた。

ウニヒピリを意識して行動すると
パーフェクトなタイミングで動ける気がする。
その代わり、今だ!という時を無視してはいけない。
ほんとにおもしろい。

昨日たまたま見たブログにこう書いてあった

「明日やろう」は「バカヤロウ」
できない・やらない理由はポンポン出てくるのに
やる・できるという決意や勇気はなかなか出てこない。

すごく共感した。


・・・・緊急の連絡・・・・
先ほどの凄いカミナリで現在、ネットに接続できない状態が続いております。
大変申し訳ございませんが、メールでの予約・お問合せが確認できない状態です。
復旧するまでしばらくの間、お手数ですが予約は電話にてお願いします。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
帰り際のほんの一言だった

「あなた、前髪あった方がいいわよ」

前髪…前髪…
今すぐ前髪をつくりた~い!!!!!!!
前髪作りたい病にかかり、switchさんに行こうかとも思ったが
人気店なので前もって予約しないと無理だろうし

でももう1秒もガマンできない前髪病。。

ひらめいたのが10分カットのお店。
前髪だけなのでサクっと行って切ってもらおう(^-^)

なんとなく入りづらい感じだが
思いきって切り込んでみると
意外にも中で理容と美容がわかれており女性スタッフもいた
券売機に1000円を入れてチケットを買うシステム。
わーおもしろい。

目を閉じて切ってもらっていると
隣からジージーっとバリカンの音がする。あれ、でも確かおばちゃんが
座っていたよね、と思いつつなかなか鳴りやまないバリカン音に
「これかなり刈ってるよね、相当刈ってる! なんて潔いのだろう!!」
と思っていると今度は上から掃除機のホースみたいのが伸びてきて
すごい勢いで毛を吸っていく。


おばちゃんが去ると次におじさんが座り
「青くなるまで」と注文していた
いさぎいーなーみんな。

5分足らずだったがけっこうおもしろい経験だった


この頃は赤ちゃんと一緒に脚もみに来てくれる方が増えている。
整体用のベッドがおむつ交換時に役に立ってよかった。

つい数日前も高校時代の同級生が赤ちゃんを連れて脚もみに来てくれた!

ゆうくん
ゆうくん

すごくかわいい(^-^)

***********************************

翌日には
「今日が出産予定日です」というお客様の脚をもむ。
産まれる気配がないので、脚もみで促進されないか?ということ
だったのだが

本部に確認したところ
日頃からもみ慣れてる方であれば問題なく、むしろ脚をもんだ次の日に産まれた、
というケースがあるのでだいじょうぶ、ということだった。

揉みながら、今もし産気づいたら一緒に病院に行ってご家族に連絡して、次の予約って
ずらしてもらえるかな…などと考えてしまったが、そうはならず、お帰りになった後で
無事自宅に着いた、という連絡をもらうまではハラハラしていた。

元気な赤ちゃんが産まれますように。
自分でできる免疫療法として「爪もみ」があるが
つむじ刺激・仙骨マッサージ・足裏刺激を併用すれば
さらに毒だし効果がアップする、とこの本で紹介されている。

私にとっては「足裏」に爪もみを併用するということになるのだが
これが簡単ですぐに手がポカポカしてきたり実感できるのでお客様
にも食後のデザート代わりに爪もみをおすすめしている。
(朝・昼・寝る直前の1日3回が目安)

爪の両側を反対の手の親指と人差し指で両側から10秒つまむだけ。
自律神経が整うので低体温をはじめいろんな症状に改善をもたらすそうだ。
こういう「タダ」で「自分」で「いつでも」出来て、「効果が出る」とい
うのが本当に素晴らしいと思う。
誰にも頼らず、物にも頼らず自分の体を守るすべを
知っているということは強い。

免疫を高めると

爪もみ療法2

新月にお願い事をするとけっこう叶う、という話を聞いて
初めて今月の新月の時にお願い事リストを作って、それがもう
すでに叶っていると気持ちを十分に味わった。

ジュネシーンさんの「幸せになろう」という本には
お願い事というのは、願うようで願わない・願わないようで願う
というやり方がよい、と書いていた。

たとえば
○○が叶ったら幸せだけど叶わなくても幸せ、とういうふうに。

実際にそう思ってみると
でも、やっぱり叶った方が幸せだな…というなかなか執着を捨てきれ
なかったりするけれど。

五日市剛さんが言うように「どんなときでも感謝」ということを考えれば
願いが叶っても感謝だし、叶わなくても感謝。
ジュネさんと似ている。

なので新月のお願い事も
叶ったら幸せだけど叶わなくても幸せ感謝します、というスタンスでいこう。
ホオポノポノ実践で

なるだけウニヒピリに声をかけクリーニングする日々ではあるが
最近は通勤路、家、サロン、ものなど自分の外側に見えるものも
クリーニングする余裕がでてきた。
もちろん出会う人たちにも、電話やメールを受け取る瞬間も。



アンテイーク雑貨ローズマリーさんのとこから来ている素敵なミラー
(ヴィヴィアンと呼んでいる)のことが今日は気になるなーと思って
いたのだが

あ、そうか!磨いて欲しいんだ!と拭き拭き。

すべてのものに意識がある、という考え。
小さい時にいろんなものに話しかけていたあの感じだ。
もっと交流ができるようになると楽しいだろうなー
全部自分の所有物だという考えを手放して「お好きにどうそ」と
思った瞬間から違って見えるから不思議。

ウニヒピリケアもホオポノポノも練習が必要 でも楽しい。



以前ブログにも書いた龍村仁のガイアシンフォニー。

第三番が7月31日(土)12時半~16時半 前売り2300円

第七番が8月21日(土)13時~と16時~前売り1500円

ブログに書いたおかげで
メデイアテーク7階スタジオシアターで上映される、という情報を
いただいた。すごい!
しかも第三番は特に、それを観てから人生が開けて変わったという人が多い人気の
ものらしい。

いつもブログを書いてるとふと「こんなこと書いてもな~」と
思うことがあるのだがこうやって思わぬところからつながって
情報をもらえるなんてうれしい。
どんどん発信していきたくなるものだ。

デユーク更家ウオーキングスペシャルセラピー in 仙台
   ~魂を向上させ幸運をつかむ歩き方~

    7月17日(土)
    17:00~19:30
    仙台市福祉プラザ
    プラザホール

    参加費 6300円

ウオーキングで本来持っている生体エネルギーを整えます。
前回の仙台レッスンよりレベルアップした内容となってるそうです。


参加ご希望の方、その他お問い合わせはこちらまで↓
「ウオーキングスペシャルセラピー」運営事務局
デユーク更家公認ウオーキングスタイリスト 猿倉和美・南いずみ

電話 090-9087-6464 fax 022-227-7355
メール tohoku@dukeswalk.net
※お申し込みの際には…
①お名前 ②参加人数 ③お電話番号 ④メールアドレス ⑤ご住所を
お知らせください。

死ぬときに後悔すること25 という本を今度読んでみようと思っているのだが

いったい私は、死を目の前にした時どんなことを考えるのだろうか


ゆうべ一緒に遊んだ友達はこう言っていた

自分が死ぬかもしれない、って真剣に悩んだときに
1つだけ気がかりなことがあって
それはもうどうしても気になってしかたのないことなんだけど…

家族か彼氏のことかやり残したことか、いったい何だろうと考えていると

彼女は大真面目にこう言った

「ワンピースの続きがどうしても知りたくて
これはもう書いてる人に手紙を出して、続きを教えてもらうしかないって
思ったんだよねー、最悪、方向性だけでもいいからさ」って。

もっと他にあるんじゃないの?と思わず言ってしまったのだけど

「え?他のことなんて私が死んだってなんとかなるじゃん」

この人はいかに後悔なく今を生きているのだろう。
確かに、確かに、ワンピースはおもしろいし感動するし私も好きだけど。

自分がそうだからといって他の人も同じことを考えてるわけじゃないって
いうことを学んだ。いつだって自分中心だからついみんな同じだと思って
「当然でしょ、」ていう顔をしてきたのかと思うとかなり恥ずかしい。
目の前に2つの道があります。

右の道は暗雲立ちこめて、1歩進むにも大変なぐらい岩でゴツゴツしていて
両側が崖となり、その先も見えない。


左の道は太陽サンサン、広く平らな道の両側には植物がたくさん輝き
どこまでも見通しのよい道。

あなたはどっちの道を行きますか?という声に

もちろん左の光の道を歩きます!と言って目が覚めた。
夢だった。

少しボヤっとした頭で
「最初に決めることが大事だったんだ」とおもった
いつだって愛と光にあふれた選択をしていきたい。

以前ブログでも書いたオラクルカード。
なんとお客様が8種類持って来てくれました。
すべて格安で譲っていただけるそうなので興味のある方
遊びに来てください♪
新品ではないですが、カードの状態とてもキレイです。
ほとんどドリーンバーチューです。

何回か自分でも質問しながら引いてみましたが
いいことばかり書いてあるので励まされます。

1度に2枚引くことに決めて
2回連続で2枚とも同じカードが出たときにはやはり鳥肌が
立ちました。

ご来店のお客様で、ご希望の方には
いろんな質問に私がカードをお引きします。

オラクルカード

入手困難!ドリーンバーチューオリジナルのカードーポーチも
数は少ないですが、ございます。
始まりはどこからなのだろう。
インナーチャイルドを癒す石けんとの出会い?
エンジェルナンバーにはまって本を買いに行ったとこ?
ホオポノポノやってます、とメールをもらったとこ?
怒り・悲しみ・嫉妬・孤独な感情のなみ


思えばたくさんのサインがあったと思うのだけれど
ようやくここにたどりついた

ウニヒピリ
unihipiri.jpg

いつも自分の外側にばかり目がいって
何か求めたり、誰かを頼ったりして問題を解決しようとしたり
していたけれど、すっかり無視し続けていたウニヒピリ(潜在意識)
との出会いによって今までの絡み合った糸がほぐれていくような
そんな感じがした。

それにしても自分の中のウニヒピリを認めることは本当にこわかった。
その存在と向き合い、その声に耳を傾けるなんて…

この本の中にアイラブよしもとばななの話も登場したりして
これはおすすめ本(^-^)

本屋さんの帰りに濃いピンクのガーベラを買い(10本300円!)
私は本と花があれば相当幸せを感じられるんだな、と若い時とは全然
違う気持ちを味わい(酒と男)、ご機嫌になった。
知らない名前で大量のメロンが自宅に届く。
実家に電話をすると、この前仙台に来た浅内のばあちゃんだという。
そうか、本名知らなかった。

お礼の電話をすると84歳のばあちゃんは
一気にいろんなことを話し出し
東京に行って、ついでに千葉に寄って帰ってきたばかりだが
今男鹿に来ている、おかげさまで元気です、と
携帯からもそのパワーが伝わってきた。

もう84歳なのだから無理しちゃダメよ、という心配はどこ吹く風で
まだあと最低でも20年は生きるんだというたくましさがある。

40がチラチラしてるだけで
あーここまできちゃった、とビクついてる自分が情けない。
今が1番若いのだからたくさん動けるはず!とばあちゃんからの
ギフトを受け取った。
毎週五日市剛さんのブログを楽しみにしているが
今回「ガイアシンフォニー」という映画の話が出ていた。

けっこう前にお客様から
龍村仁のガイアシンフォニーは素晴らしいのよ、みたあと
何とも言えない心がジーンと温かくなってね。
最初に作った時はどこの映画館でも上映を断られて苦労した
みたいだけど、やっと上映してくれるところが見つかって、
でも観客は2、3人だったらしいのよ、それがどんどんクチコミで
広がって最後はもうギュウギュウで…それで全国に一気に広がって…

と聞いていたので
そのガイアシンフォニーが第7番まで作られていたとは驚いた。

ドキュメント映画ってあまり観ないのだが
ちょっと観てみたくなった。