リフレクソロジー  OVERLAP

REFLEXOLOGYサロン "OVERLAP" の ブログでーす。 不定期更新! STAFFが更新してます。 ときどき、よってみてください!

 楽天のイベントで、女性を対象としたハンドマッサージの
お手伝いをすることになった。
3塁側の外でテントを張って行うそうで、とても楽しみだ。

 いつも屋内にいるので
太陽の下で元気に働けるのはうれしいし、時給で働くことが
とても新鮮に思える。

 「森のキッチン」のまかないもサービスしてくれるそうで
ラッキーな話が舞い込んだもんだ。
帰りは、噂のホットビールでも飲んで観戦してこようかな。

 るんるん♪

2005.6.18 の日記に
将来開きたいサロンの想像図が書かれていた。
3年前にイメージしたその未来予想図は、現実となって
今目の前にある。

 こうしたい、と思った瞬間から道はでき
迷いながらもゆっくり進んできたのだろう。

 うれしい偶然も一見イヤだなと思った経験も
すべてがつながりあっていく。
今だからわかることもあるし、その意味がまた変化していく
こともあるかもしれない。

 そして今はまた新しい夢を描いている。
思いは実現する、考えるだけでうれしくなってくる。


 数年前に起きた自分の力ではどうにもならないすごく
ストレスを感じる事と今また似たようなことが起きている。

 当時は、とても悩んでいたのだが
思わぬ人が助けてくれてその後の私の人生さえも
変わっていくキッカケとなった。

 今回、相手も場所も質も以前とは違うけれど
どんなふうに解決するのか、ひそかに楽しみなのだ。
いやだな、と思う大きな出来事にこそ情報が隠れていて
きっと私を導いてくれると思うから。

 なので、すごくストレスを感じつつ、どんなふうに展開して
解決していくんだろう、とワクワクしてしまうちょっとおかしな
感覚でいる。

「起こることはすべてベスト!ホホコさん万歳!」
友達に連れられて
サンタマリアノヴェッラのお店に入った。

品のいいスタッフが、次々と友達の言うままに
商品を出して説明をしてくれた。
私も一緒にオーデコロンを香っていると
とても素敵な香りに出会った。

「フリージア」

だけど、値段がわからない。
この高級な感じ、かなりだな。と思いつつ
値段を聞いてうろたえるのがイヤだったので、気になったけど
そのまま帰り、ネットで調べた。

 うーん、なるほどね。
100mlで15000円ねー、やるねー!
値段に関係なく気に入った香りを好きなだけ買えるように
なるぞ、と思った。
 時間つぶしに入ったブックオフで偶然 「マンダラ塗り絵」という
ものをみつけ、どうしても気になったので買ってみることにした。

 マンダラを塗ることで癒され、さらに脳が活性化するという。

 そもそもマンダラとは何か?

人間には誰しも「自分とは何か」「宇宙のどこにいるのか」を
知りたいという衝動があり、そんな衝動からはぐくまれてきた
円形の聖なる図形、それがマンダラです…  と書いてある。

 む、むずかしすぎる…
だけど、何も考えずに夢中になってマンダラを好きな色をたくさん
使って塗るという作業は時間を忘れるほどに楽しいものだった。
マンダラがどういうものかわからない分、配色は無限だし、塗るうちに
新たな図が見えてきたりする。

 塗り終えた時の爽快な感じ。
これは年配の方にも子供にも楽しめるものだなーと思った。

 半日だけの東京。
なのにいろんなハプニングが起こり
笑ったり泣きそうになったり、濃厚な時間を過ごした。

 足もみのボランテイアは大盛況に終わり、とても勉強になった。
30~40人くらい集まってくれたのだが、その中で足をもまれた
ことのある人はたったの1人だけで、まだまだ足揉みが普及し
ていないことを痛感した。
 
 口々に「ここが悪い」「ここがつらい」と何かしらの不調を訴えていた。
そしていろんな健康器具を買い、勧められるままにウオーキングを
したり水泳をしたり、ダンスをしたり…
いいと言われることは試しているけど、なかなか改善されなくて
つらい思いをしている、という方が多かった。

 足揉みで自分の健康を守る、ということをどれだけ伝えることが
できたかわからないが、自分のできることは全部やっていこうと
決めた。
 今日の仕事が終わり次第
仙台→郡山(1泊)→東京(日帰り)に向う。

NPOの足揉みボランティアに参加するのだ。
こっちに帰ってきてから私も企画しよう。
もっともっと多くの人に健康の喜びを知ってもらいたい。

 せっかくの東京なので
前から行きたいと思っていたギャラリーに寄って
原マスミさんの絵を買ってこよう。
実はこっちの方が楽しみ。

 ウキウキして心が弾む!!

 
 おそろしかった
自宅は、物が落ちるとかそういうことはなかったけど
マンションの5階にあるここのサロンが心配で慌てて来てみると

 ショック!!!!!!!!!!!

 お気に入りのアンティークの机が倒れ、上に置いてたものが散乱。
ライトは割れてガラスが散らばっていた。
相当揺れたんだな。模様替えだ!!!!!

 壊れたのものを見るのは悲しかったけど
自分や大事な人の命が無事だったことに感謝。

 地震なんてなかったように陽が照って、時折風が吹き
時間が流れていく。「生きていく」ということは尊い。
 新しいお財布に変えただけで
とってもハッピーな気持ちになった。
なんでもっと早く変えなかったんだろう。

 そういうことってよくある。
毎日当たり前に使ってるものって
そのくたびれ加減に気付かない。

 新しいお財布には
1番最初に大金を入れて
「おまえはいつもこのぐらい入ってるのがいいんだよ」と
覚えさせるのがいいと聞いたので、いつもより多くお札を
入れてみた。

 お財布にお金をたくさん入れておくと
すぐに使っちゃうから、あまりいれないっていう人がいるけど
たくさん入っていた方が(千円札でも)、豊かな気がするから
あるんだったら入れておきたい、と私は思う。
 仲間を呼びそうじゃないですか?
 たまたま電話で友達と話していたら
「通帳をなくしてしまったようで、部屋中を探している」と
言われたので、1回探すのをやめて何かおいしいものでも
食べて心を満たした方がいいよ、と提案した。

 数時間後、彼女からメールが届き
おいしいお菓子と紅茶のおかげで、そのあと山のような
荷物の中から無事見つかった、とのこと。

調子に乗って 
「願い事を1回忘れる実験」を始めた。
忘れるっていってもほんとに忘れるわけじゃなくて
1回頭の外に出してしまうことなんだけど。
その方が叶いやすい気がしてきた。

 考えるのをやめて
他のことで自分のこころを喜ばせて、いつもニコニコする
ことにした。とても楽しい。
 お友達のお父さんが作ったキャベツとカブを頂いた。
今採ってきました!っていう感じで土も虫もついていたので
正直、うわっと思った。

 だけど土を丁寧に洗っているうちに
この野菜を育てたお父さんの愛情とか太陽や水・大地の
ありがたさを感じ、どうやって料理しようかウキウキした。

 スーパーで売っている野菜はキレイすぎて
その成長の過程を想像しにくい。
「育てられた」という感覚が薄いので、感謝の気持ちが
足りず、無駄にしてしまったりする。

 幼稚園のイモ掘り遠足を思い出す。
ああいうのがとっても大事なんだなーと思う。