リフレクソロジー  OVERLAP

REFLEXOLOGYサロン "OVERLAP" の ブログでーす。 不定期更新! STAFFが更新してます。 ときどき、よってみてください!

 もう20年近く、よしもとばななさんの本を愛読しているが
あるとき何かで、ばななさんがこんなことを言っているのを目にした。
 
 「私はたった1つのことを伝えたくてずっと書き続けているんです」と。

 ショックだった。
その1つのことが何なのかわからなかったのだ。
ばななファンを気取り、「この本いいよー」とか言って友達に
勧めたりしていたのに肝心なことに気づいてなかったなんて!

 それからしばらく考えた。
今までの本を思い出し、なんだろう?なんだろう?って
その奥に込められている思いをみようとした。
 でもダメだった。愕然とした。

 それから、そんなことも忘れた頃に突然
「あ!これだ!!」と思った。それはだんだん
確信に変わった。きっと間違いない。
 さがしてるときは見つからない。
一生懸命考えれば考えるほどみつからない。
なのにある日ふと降りてくる。
 1回忘れたほうがいいんなんて、どうしてなんだろ。
 今までは足裏重視で、毎日揉んでいたのだが
なんとなくアキレス腱から下の冷えが取れない気がしたので
ふくらはぎも丁寧に内側・真ん中・外側と、しっかり握ったりさすったり
RMR(ローラー)をかけたりして今日で4日目。

 やっぱり全然違う。
まずよく発汗するようになった。
尿の出もいい。
何よりポカポカ。
そして細くなりそうな嬉しい気配。
足首周りを測ってスタートしたので、楽しみ。

 足裏とふくらはぎ、両方大事、改めて実感。
お客様の足揉みをする時も、ふくらはぎに対する思い入れが
変わった。足裏は痛いから、ふくらはぎは気持ちよく揉んで
あげようとこころがけていたのだが、そのやさしさは本当のやさしさでは
なかった。

 表面だけでなく深部まで揉みほぐすことが、相手の体への本当の
やさしさなのだ。最初は痛みをともなうこともあるけれど、やっぱり
ラクになってほしい。日々勉強だなー

 
ふと郵便受けを見ると
大きな封筒が入っている。差出人は
長野県の若石足療会 会長の丸山様…

初めてみるお名前…
もちろんお会いしたこともない。
なんだろうと思って開封すると

「常に感謝の気持ちをもって」と
それはもう素晴らしい字で色紙に書かれていた。
開店を祝うまごごろの字である。→さっそく店内に飾る。
若石の開業ニュースをみて送ってくれたそうで、 
ほかにも参考資料なども一緒に入れてくださっていた。
なんで見ず知らずの私のためにここまでしてくれるのだろうと
胸がいっぱいになった。

 誰かを祝福する気持ち、応援する気持ち、喜ばせたいという気持ち…
本当にまごころだなーと思う。ありがたいなあ。
木蓮のお香を送ってくれたむっちんさん!
むっちんさんにも心からお礼を言いたい!ありがとー!!!
 「考えない方がうまくいく」
と、本で読んだので実験のつもりで今抱えていることを
全部頭から出して楽しむことに集中して約1週間。

とても楽しい。
それでも時々は、ふと気になることが頭をよぎることもあるけど
全部うまくいく、と一蹴している。

 うれしいことも起こり出す。
ますます、うれしくなるのでさらにうれしい展開になる。
いい循環の中にいるのがわかる。
誰かのしあわせを心から願うことができる。

 うれしい、うれしいっていうウキウキ感は最強だなと思う。
この頃惹かれる人、青山テルマ。

最初にテレビで見た時から
この人は、歌を歌う時なんでこんな表情ができるんだろうって
思っていた。大好きなうたが歌えて最高にしあわせです!っていう
感じ。
 
 私は、足揉みをしているとき一体どんな顔をしているんだろう。
好きなことをしているのだから決して険しい表情ではないんだろうけど
彼女のような表情だったらいいなーと思う。
 いつか会いたい。

 金八先生がこんなことを言っていた。
「頭で考えた言葉は相手の心には響かない。
自分の心から出た言葉が相手に響くんだ。」
きっと顔も同じ、というよりそれ以上かも。
目は口ほどにものをいうっていうし。


113
気づいたらタバコを止めて113日目。
初期のころは、100日越えたら相当すごいなって
思ってたけど、こんなもんかぁ~ていう感じ。
実際よりも想像の方がはるかにおおげさって本当だ。

 盛んだった食欲もおさまり、無駄に食べ続けることも
なくなったので少しやせてきた。
お肌の荒れもなくなってきたし、何よりタバコに支配されない
のがラクでいい。

 タバコを切らしてしまう恐怖もなければ、外で吸う場所を無意識に
探す必要もないし、お店が禁煙なのか気にすることもなく、タバコを
吸わない人に気を遣う必要もない。
 あと、火の始末!これには毎回注意しなければならなくて
めんどっちかったなあ。

 もちろん、お気に入りの一服タイムがなくなってしまったことは
少しさみしい感じもするんだけど。
まあでも自分で決めたことを貫くってけっこう爽快だ。

 
10年くらい前、車で流れていたラジオから
あるジョッキーの方の話が耳に入ってきた。

 努力についての話だったのだが
「好きなことを一生懸命するのは努力ではなくて
それは遊びだ。嫌いなことや苦手なことを一生懸命する
のが努力なのだ。」

 そう考えると
私は今まで「努力」をしたことはあまりないことになる。
遊んでばっかり。気が向かないことは絶対にやらないし、
苦手なことがあったとしてもどうにかやらずに済む方法を
考えるのが得意。

 結局は恵まれているのだと思う。
好きなことを好きなようにやれているのは
家族、いろんな人の縁にも環境にも恵まれているおかげ。
 だから努力はしなくても感謝だけは絶対にする。
 いつも見る夢。
高校生で吹奏楽部の私は、あと数分でコンクールが
始まるのに全然楽譜も読めないし、練習もしていないので
とってもあせってしまう夢。

 トロンボーンを吹こうと思っても音が出ない。
ポジションも忘れた、曲も知らない、合奏についていけない。
どうしよう、どうしようっていうパターンで起きる。
とてもイヤな夢だ。

 だけど、夕べ見た夢では新しい展開があった。
合奏が終わると先生に呼ばれた。
「あなた、もう演奏しなくていいわよ。」と
言われたのだ。
 
 もういいんだ!ホッとした。
もうこの夢をみることはない気がした。
夢を夢で消化するって不思議だ。
デュークに教えてもらったストレッチをしながら
デュークが話してくれたことを思い出す。

 彼は昔、借金を背負ってしまい毎日が取り立てでおびえていた
ので山にいつも逃げ込み気功をしていたのだという。
そうしているうちに何かを悟ったらしい。

 1つ1つに意味があるんだなーとつくづく思う。
だからこそ毎日に感謝なのだと思う。自分の調子が
いい時だけ感謝して、ちょっとイヤなことがあるとグチを
言ってしまう…なんてことのないようにしたい。

 今日の夕日はとても鮮やかなオレンジで
ただ見ているだけで「ありがとう」と、そう思えた。
いい1日だ。
友達の車に乗っけてもらい
大崎市までデユーク更家のウオーキングレッスンに行ってきた。

なんて気さくなオッサンなんだろ!!
約2時間のレッスンもあっという間で本当に楽しかった!

 54歳とは思えないパワフルさと陽気さに、すっかり好きに
なってしまった。なんといってもふくらはぎの柔らかさには唖然。
血液を心臓に戻す役割のふくらはぎはやっぱり
柔らかくないとダメなんだなー

 学ぶことはたくさんあったけど
1番印象に残った言葉は
「自分を喜ばせることが大事だ」っていうこと。
 自分をハッピーにさせることが得意だから
あんなに素敵に笑えるんだなって納得した。




 この間中尊寺に行って以来、とっても手を合わせたくて
仕方ない。ただお賽銭を入れて鐘を鳴らして手を合わせて
挨拶をするだけ。特に自分のお願い事はしないんだけど。
 
 今まで全く歴史に興味がなく、自分自身のご先祖様についても
知りたいと思ったことなどなかったのに。
 なぜか最近、自分のルーツがとても気になる。

 先週ふらりと秋保に行った時も導かれるようにして
あるお寺に立ち寄った。水子供養のお地蔵さんが目についたので
例のごとく手を合わせる。私にも母にも水子はいない。
なんでこんなことをしているのだろう。
  
 今は全然わからないけど、きっとあとから前後のつながりが
みえるときがくると思う。意味のないことなどないのだから。