リフレクソロジー  OVERLAP

REFLEXOLOGYサロン "OVERLAP" の ブログでーす。 不定期更新! STAFFが更新してます。 ときどき、よってみてください!

テレビで魔女の宅急便が流れていた。
そういえば昔、私をみると主人公のキキを思い出す、と
言われたことがあったのでどれどれ?とみていると

なんと前向きでかわいいコじゃないか!
ぐっときたのは

パン屋さんの妊婦のおばさんに
「手伝ってもいい?」と聞くや否やパタパタとパンを運ぶシーン!
どうみても相手が喜ぶような状況で、手伝ってもいい?という言葉。

謙虚で優しくて、何より相手に気を遣わせない言い方。
私なら
手伝いましょうか?とか手伝ってあげるよ、とか
相手に「すいませんね~」という感情を大いに抱かせるような
言い方をして、「ね、私ってありがたいでしょ」という気持ちを
ぐいぐい言葉にのせてしまうだろう。

言い方1つでずいぶん印象が変わるものだ

お盆が近いということで
奈良の薬師寺からお便りが届いていた。

感謝という言葉が大きく書かれた1枚の紙に


「感謝する 人にこそ咲く 幸の花」


とあり、心に響いた。
その場ですぐにご先祖様にありがとう、と言った。
自分のルーツを粗末にする人は絶対に幸せにはならない、と
何度も聞かされている。 

なかなかお墓参りに行けないけれど
いつどこであれ感謝することはできるのだ。
尽きないありがとうで今日も1日過ごしたい。
 スポーツニュースの中で誰か監督が

「他のチームの選手はすごく強そうにみえて
自分とこの選手は弱そうにみえてしまう」
と言っていた。

 人のものは良くみえる。
人の人生が素晴らしくみえる。

ついつい比べてしまう。 
大事なことはもっと自分の内側にあるのだと
この頃は思えるけど。 

 逆に、誰かと比べて感じる幸せは本当の幸せではないと
昔お世話になった方が教えてくれた。
比較することでしか自分の幸せを量れないようにはなりたくない。
 友達から頂いたお気に入りの香水を
うっかり落として割ってしまった。
すぐに頭に浮かんだ言葉「覆水盆に返らず」

 ショックで自分のうっかり具合に落ち込んでいた。

 次の日、つい友達に余計なひと言を言ってしまい
相当後悔するも、一度言ってしまった言葉はどうやったって
取り消すことなどできない。
また取り返しのつかないことをしてしまった、と落ち込んだ。
悪い関係にはなっていないけれど、地雷を踏んだことに変わりはない。

 自分の行動、発言の1つ1つがいろんな可能性を含んで
いて、あと少し気をつけていたら…っていうギリギリラインを
悪気はなくても見事に超えてしまうときもある。
 取り返しがつかない、ことは本当に胸が痛む。

 この間テレビでタイタニックをやっていた。
タイタニックには好きなシーンもたくさんあるけど
嫌いなシーンもいくつかあるから
「見るぞ!」って決めないとなかなか見ていられない。

 死の間際にデイカプリオが
君に会えたからこの船に乗ることができてラッキーだった って
言うところがこころに響く。
  それで思い出したのが「ハウルの動く城」。
主人公の女の子が魔法でおばあちゃんにされた自分の姿
を鏡でみて一瞬びっくりするんだけど
「こっちの方がこの服が似合っていいわ」みたいなことを言う。
なんて前向きで愛らしい!
 
 一見、嫌だと思う出来事のすべてを受け入れ肯定することって
すぐには難しいけどしあわせになるためのキーのように思う。


 ちなみに、ディカプリオの映画で1番好きなのは
ボーイズライフ。
「人生の中で誰にでもチャンスはやってくる。そのチャンスに動けるかどうかだ」
っていう言葉が今も胸に残る。いつだってそのチャンスに動ける側の人間であ
りたい、と学生時代思っていたし、今もそう思う。