リフレクソロジー  OVERLAP

REFLEXOLOGYサロン "OVERLAP" の ブログでーす。 不定期更新! STAFFが更新してます。 ときどき、よってみてください!

この間肉じゃがを作っている時
学生時代の肉じゃが事件を思い出した

同級生男3、女2の飲み会の場で
1人の男子が
「得意な料理って何?」と聞いてきた

当時私はよく肉じゃがを作っていたし
「肉じゃが」って、お料理が得意な女の姿を描くのには
もってこいだと思っていたので当然の如くそう答えると

へえ~
と流され、「んじゃNちゃんは?」と
隣に視線が移動。。
思いのほか反応の薄い男どもに
内心憤慨する私の横でNちゃんは小さくこう答えた

「ラタトゥーユ…」

一瞬の沈黙の後で
「何それ何それ!!!!?」と男子たち大はしゃぎ。
私も初耳。。でも何かすごくおしゃれな響きで、レベル高い感じ
に肉じゃがの敗北は濃厚となっていた。

夏野菜を炒めて煮込む料理だというNちゃんの説明にみんなが
感心、私の株は大暴落。
さらに男子が調子にのって
「2番目に得意なのは?」と聞くと

Nちゃんは少し微笑んで
「サバの味噌煮」と答えたのだった

南仏の風が一気に日本上陸。
初めての1人暮らしで料理もろくにできない男子たちの間を
強い勢力で吹き渡り、私はあっという間に吹き飛ばされていた

モテ女は、言うことが違う!!!!
全然違う!!!!と痛烈に思うとともに
それ以来、得意な料理に肉じゃがを挙げることはなくなったのだった

この頃のお気に入りは アボカド。
ポン酢や、わさびマヨとかチーズをのせて
全然飽きずに食べている。
昨日はお客様にいただいたジャガイモにアボカドデイップ
を添えて、おつかれビール!
おいしいものってテンションあがる
食べたい物を食べれることの幸せは大きい。

誰と食べるかもかなり大事で、やっぱりうまそうに食べる人がいい。
何年か前に、とってもまずそうに食べるコと食事をしたことがあって
その時のむなしい感じは表現できない。

私の周りの何でもうまそうにいっぱい食べる人たちは
おいしいものもよく知っているので、一緒にいると感動を味わえる。
これからも食べることを楽しめる人生でありたい。
健康バンザイ。
 すごく好きなんだけど
自分で作るとお店で食べるような甘みがなくて
マヨネーズの酸味しかない。

 どうしたらあんなふうにおいしく作れるのか…
牛乳とかお砂糖とか何か試してみてもいま一つ。

 その長年の疑問が、ついに解決した。
 お料理上手のお客様に教えてもらえた

 決め手は、はちみつ!!!
さらにサツマイモを加えると甘味が出てうまいらしい。
ヘルシーにしたい時はおからとジャガイモを半分ずつ。

なるほど。そうだったのか!
さっそく買い物して帰って材料を下ごしらえして
ジャガイモをゆでたところで力尽きて寝てしまう。

あと一歩。
 TVで紹介されたおいしいカレーの作り方を
教えてもらった。といっても市販のルウを使って
作るんだけど。

 ソースとかケチャップとか醤油とか
こだわって入れる人がいるけれど、でも
市販のルウはちゃんと考えて作られてるんだから
何も入れない方がおいしいらしい。
 味がケンカしてしまうんだって。

 もし入れるなら
最後に少しのバターと小さじ1杯の砂糖がいいみたい。

 チキンカレーで試してみた。
おいしい!!カレーは得意。
 
 冷やし中華にマヨネーズかけますか?

 昨日お客様に教えていただき
かなり衝撃を受けたのだが、他の方に聞いても
けっこう普通ですよ~と言われる。
 今までなんでスルーしてきたんだろ。
そんな出会いがあったなんて!

 ハムは食べないから
鳥もも肉を塩でカリっと焼いて、トマトときゅうりを具に
して食べているんだけど、マヨネーズかけてもおいしそう。

 今日食べます。